読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FF14 Restart

オンラインゲームFF14を2年間のブランクを経て再始動してみるブログ 初心者さん復帰者さんへの情報/エピソードプレイ日記/スクリーンショット保管庫

【FF14】 ブログの再開とFC脱退

FF14

精神的に参っていたのも落ち着いたのでブログを再開する事にしました。
以前の記事の該当人物はFCメンでしたのでFCを脱退して関りを断つ事で対処する事にしました。
 
脱退の経緯には体験中には見えていなかった部分も見えてきて、それ以外にも微妙な感じもあったのもあります。

  

決定的な引き金となった出来事その1が前回の記事での出来事で、その2がマスターの人間性。

細かい事は多々ありますが今回はその事は置いておいて
あぁ無理だわ。と思った決定打はFCを探していると言う知らない人の日記へのコメントでした。

FCに入ると言う事はお客様扱いされる訳ではないとかうんとかコメント。←やや上から気味のコメントでした。(本人はそのつもりはないのかもしれませんが)コメントの後半に若干フォローっぽい事も記してはいましたが。

このコメを見てある程度は言いたい事はわかりますし、自分から入っていこうとする事も大切な事とは思います。


ここで私が引っ掛かった事。

【この方はここのFCに入りたいと言っている訳ではない事。】
・自分はこういうFCを探しているけど~中々合う所を探すのって難しい。みたいな内容でした。
このFCに来たいって言ってる訳でもないのに、日記主を不快な気分にさせるようなコメを何故書くのか。

全く知りもしない人に何故半分説教みたいなコメを残すのか。

あなたが言う事ではない事がわからないのか。

その方がこのFCに来たいと言っているor来たけど自分から馴染もうとする様子が一向に見えない。とかだったらまだ理解は出来たのかもしれません。(それでも多分出来ないと思いますが)

要するに言わなくていい事を言うタイプです。

おまけに自分本位です。

 

普段のマスターの何気ない言動も含め他人が不愉快な気分になるかもしれない。と言う事をまるで考えずに発言している所が何と言いますか。

こんな感じでマスター(とごく一部のメンバー)に対する不信感は流す事が苦痛になるくらいになっていましたので抜けた方がいいなと判断しました。

※私が受け付けないだけですので感じ方は個人差があると思います。

 

体験期間中はにぎやかでいい雰囲気のFCだなぁと思ったのですが

体験期間中に本質を見極められなかった私も悪いですね。

これを教訓にもう一度慎重にコミュニティ選びをしていこうと思います。