FF14 Restart

オンラインゲームFF14を2年間のブランクを経て再始動してみるブログ 初心者さん復帰者さんへの情報/エピソードプレイ日記/スクリーンショット保管庫

【FF14】 Season1 新生エオルゼア episode6

Season1  新生エオルゼア

 
episode 6

めんどくさいけど砂の家に報告に戻ってきた。

ミンフィリアさんに報告すると、戦いは避けられないはずよ・・・。と準備をする為にゴブリン族の学者を紹介したいからっておつかいを頼まれた。

ボロの剣を一本持たされその技術を見ていらっしゃい。だって。

f:id:catloveoo:20161214184624p:plain

「おぬしゃ だれぞ なにもんぞ~?」

一応自己紹介をしてみたりした。

 「おやおや ミンフィのつかいぞな~? たしかに 連絡 うけたぞな~!」

と言う事でマテリア装着とマテリア化を学んで砂の家に帰る。

f:id:catloveoo:20161214185501p:plain

帰ってみるとサンクレッドから報告が入ってるの。と2つの事件の進展を教えてくれた。

以前捕まえたウグストがアマルジャ族との商談について白状したから、その商談に出てきたアマルジャ族を不滅隊は叩くつもりだって。

その作戦へ参加してほしいの。と言ってきた。"暁の血盟"の代表として。

え。サンクレッドは何をしてるの。やっぱり役立たずだった。

不滅隊と合流する為にキャンプ・ドライボーンへ向かう。

f:id:catloveoo:20161214190244p:plain

合流に成功したから、あとは作戦の指示に従って動くだけ。

皆すでに配置についていて、アマルジャ族が現れたら一気に取り押さえて、誘拐された人達の居場所を吐かせるみたい。

せっかくリティーナも雇えたし、とっとと終わらせてギャザクラの準備しないと。

f:id:catloveoo:20161214190621p:plain

ウグストが現れて、アマルジャ族も現れて作戦決行!と思ったら・・・。

一人の兵士が「お、おい・・・。様子が変だぞ・・・。」って。

言った傍からウグストと不滅隊の兵士の一人が突然笑い出した。ひゃっひゃっひゃって。

気持ち悪い笑い方するの本当やめてほしい。

「作戦を伝える相手を間違えたようだなぁ?取り押さえられるのはお前達の方さ!」

なんと不滅隊に裏切者がいた。

f:id:catloveoo:20161214191502p:plain

初めから仕組まれていたこの作戦の結末はアマルジャ族の大群に襲われて。

倒しても倒しても現れるアマルジャ族になすすべもなく。

不滅隊との合同作戦は失敗してしまい、私達が誘拐されてしまった。

こんな予定ではではなかった。全てが遅くなってしまう。(あ。自分の予定がです。)

連れ去られた場所で目を覚ますと、一緒に連れて来られた不滅隊員が話をしてた。

「どうやら俺達は蛮神"イフリート"に差し出されるらしい。」

f:id:catloveoo:20161214192142p:plain

なんとぉ。本当っぽい。

アマルジャ族がイフリートを呼び出す儀式?っぽい事を始めた。

f:id:catloveoo:20161214192124p:plain

f:id:catloveoo:20161214192358p:plain

出てきた!イフリート。

でも何だか様子がおかしいと思ったら。

ウグスト達も生贄として連れて来られてるではないの。

アマルジャ族曰く作戦を知られたのは貴様の失態だから共に魂を捧げろと。

あらま。悪い事は出来ないって事ね。

f:id:catloveoo:20161214192835p:plain

イフリートが小難しい言葉で何か言ったかと思ったら襲い掛かってきた。

既に他の神の祝福がどうたらこうたら。

全く意味がわからないけど襲ってくるものは倒すべし。

f:id:catloveoo:20161214193350p:plain

イフリートを倒すと大きなクリスタルの欠片が落ちてきた。

手に取ると、イダ&パパリモに1番初めに会った時に聞いた声がまた聞こえてきた。

f:id:catloveoo:20161214193716p:plain

「だいじょうぶか!」

「助けが遅れてすまない。アマルジャの奴らに手こずってしまった」

サンクレッドの声で我に返る。

サンクレッドの話によると人質は無事に救出できたらしい。

「すまない、初めての作戦だってのに大変な思いをさせてしまったな・・・。」

このポンコツイケメン。

こんな場所でダラダラ話しててもあれなので、とりあえず逃げる事に。

 

f:id:catloveoo:20161215202533p:plain

帝国軍幹部の視点で映像が入る。

「蛮神イフリートか・・・・。思ったほどの数値じゃねぇな。さてはウルダハがうまく抑えこんでやがったな。」

蛮神の力を計測に来てるらしい。

「さっきの冒険者はどうするんだ?あの力脅威になるぞ。」

「興味はあるけど後回しね。」

どうやらイフリートとの戦いを一部始終見てたみたい。

目的は済んだのか、そのまま撤収していった。

f:id:catloveoo:20161215203215p:plain

一方その頃。

ミンフィリアに伝令してやるから少し休んでから砂の家に戻って来いと言うサンクレッドに甘えてドライボーンで休憩していた私。

伝令を買って出たサンクレッドは

ものすごい慌ててミンフィリアさんに謝っていた。

「あいつを危険な目にあわせてしまった・・・」

 

最初から来てればよかったのにね。ポンコツイケメン。